ロットリングを導入してみた

ロットリングを導入してみた細いペンが好きなのは、文字を書くときに楷書で書こうと思うから。

そんな訳で先日から再度使い始めたほぼ日手帳に、どの程度の太さのペンならばしっかりと「書」という字を書けるかというテストをしたんですよ。

0.25mmのコース
* ぺんてる Slicci
* PILOT HI-TECH-C

0.18mmのコース
* 三菱鉛筆 Signo bit

さて、色が入っていたりと正確には同じ条件ではないのですが、書いてみました。

HI-TEC-Cが健闘している印象
HI-TEC-Cが健闘している印象

ここまではポールペンの戦いでした。

個人的な感覚ですが、Slicciはボールペン的な書き味を強く残してあり、ボールベアリングの転がり感が素敵です。HI-TECH-Cは少しミリペン風の書き味かな。安定供給されているのも魅力です。Signo bitは愛用の一本ですが、細さに特化していて、引っかかりが少しあります。しかし、これは愛で克服できる範囲です。

そしてさらに、ここに突然ロットリングというミリペンが参戦!

じゃーん。この細さ、まさに注射針級
じゃーん。この細さ、まさに注射針級

ロットリングは言うまでもないでしょうが、ドイツ出身の製図用ペンです。お高いです。2,000円以上します。高校生の頃から欲しかったのですが、当然当時は高嶺の花。でも今は流石に大人になったから買えるね! 買いました!

ネタで買う訳では無くて、細いペンを探して行ったら、ここにたどり着いた、というような感慨ですよ。0.13mmのラピッドグラフ。インクがカートリッジ式の奴です。

書いてみた!

感想は紙に書いた通り!
感想は紙に書いた通り!

これもまた書く紙を選ぶペンです。ケント紙とかなら最高ですね。きめの細かい紙に書くなら素晴らしいです。

しかし現状、ほぼ日手帳には辛い相手かもしれません。紙の繊維に引っかかってしまうのが残念でした。

今後また色々と試してみます!